今冬は平年並み? ~11月気温変化~

今年は猛暑の夏をひきずって秋を迎えてまもなく11月半ばには真冬並みの寒波到来で、ひときわ寒さを感じるようです。気象庁の3カ月予報では今冬は平年並みと予想しているようですがどうなるでしょうか?
 一昨年の冬はこの頃予想していた暖冬傾向が、過ぎてみれば一転して寒い豪雪の冬となりました。その原因の一つとなっているラニーニャ現象が今年も続いており、さらに日本海の海水温も高いとの情報があり、今冬も豪雪となる条件がそろってきたのではないと危惧されるところです。すでに北国では多くの地域で記録的に早い積雪の報告が届いているところです。
 そこで11月にはこの前兆がすでに現れているのではないかと思い、気温変化に注目して調べるみることにしました。下図は昨年(暖冬)、一昨年(豪雪)と今年の東京における11月の最低最高気温の変化を平年値上に比較したものです。地点の選定は必ずしも適切とはいえないが、最も多くの人が生活しているという意味で東京としてみました。(気象庁「気象統計情報」参照)


これによると最高気温は変動が大きくて平均的には特に差違はみてとれないが、月半ば過ぎには最低気温に年によってややはっきりとした違いがあり、昨年の暖冬の年は上振れ、一昨年の豪雪の年は下振れ傾向が現れているようにみえます。これと比較すると今年は昨年より一昨年の豪雪の年とやや似た傾向があり、下振れの度合いはやや強いともみることができ、また月末には最高気温が顕著な低下を示しています。勿論これだけで豪雪になるとは断定できませんが、かなり平年より気温が低い傾向が現れているようです。今後の変化に注目 ! !