テーマ:9月

平成21年9月 己丑暦

平成21年9月  長 月  (September 2009)日六曜行事・歳事/諸節・雑象平成21年 .1日(火)2日(水)3日(木)4日(金)5日(土)6日(日)7日(月)8日(火)9日(水)10日(木)11日(金)12日(土)13日(日)14日(月)15日(火)16日(水)17日(木)18日(金)19日(土)20日(日)21日(月)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絹雲は生きている ~巻雲~

ベール状の巻雲 夏の代表的な雲形といえば積雲や巻雲ですが、今年の夏はもくもくと上空に延びる積乱雲や黒っぽい険悪な乱層雲などの雷雲に覆われることが多かったように思います。  夏から秋への過渡期には全天迫力のある「うろこぐも」や「ひつじぐも」などの高積雲が、また「すじぐも」や「うすぐも」ともいわれる巻(層)雲の場合は青空に刷毛で描いたよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成20年9月 戊子暦

平成20年9月  長 月  (September 2008)日六曜行事・歳事/諸節・雑象1日(月)2日(火)3日(水)4日(木)5日(金)6日(土)7日(日)8日(月)9日(火)10日(水)11日(木)12日(金)13日(土)14日(日)15日(月)16日(火)17日(水)18日(木)19日(金)20日(土)21日(日)22日(月)23…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急対応策は万全か? ~緊急地震速報~

 10月から緊急地震速報がスタートします。これは気象庁が地震発生と同時に震源の地震波(初期微動:P波と主要動:S波)を分析してただちに周辺地域に伝わる予想震度をNHKなど報道機関を通して一般向けにお知らせするものです。そのため震源近くでは伝えられる速報と地震の揺れはほぼ同時でほとんど余裕がなく、地震波が伝わりにくいところや震源から遠い所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成19年9月 亥暦

9月 生活情報  猛暑だった夏から涼しい秋への転換期を迎え、上旬頃は本州付近に秋雨前線が延びて雨が降りやすく、またこれが離れると晴れて天気は周期的に変わりますが、まだ太平洋高気圧の影響で残暑のときもあります。これを過ぎて大陸方面から涼しい空気をもたらす高気圧に覆われる日は秋めいた天気となります。またこの時期は台風による災害が多いときで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春分より気温が高い ~秋分の日~

 今日は秋分の日で彼岸の中日、晴れても夏のような蒸し暑さはなく、「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、ようやく涼しい秋本番を迎えつつある。昼夜間の長さがほぼ同じ春分と秋分の日は同じ位の気温であってもいいのだが、実際には秋分の方が11~14℃(平年値)も高い。秋分の日照時間が春分より少ないのになぜか・・・? これは春分は冬の、秋分は夏の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成18年9月 詳暦

9月 生活情報  夏から秋への過渡期にあたり、上旬ころは本州付近に秋雨前線が停滞する時期で、前線活動が活発になって大雨となることがあり、また太平洋高気圧の影響で残暑が続くと予想されます。一方大陸方面から涼しさをもたらす高気圧に覆われる日は秋めいた天気となります。またこの時期は台風による災害が多いときでもあります。今年は例年と比べるとや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more