テーマ:

平成21年5月 己丑暦

平成21年5月  皐 月  (May 2009)日六曜行事・歳事/諸節・雑象平成21年..1日(金)2日(土)3日(日)4日(月)5日(火)6日(水)7日(木)8日(金)9日(土)10日(日)11日(月)12日(火)13日(水)14日(木)15日(金)16日(土)17日(日)18日(月)19日(火)20日(水)21日(木)22日(金)2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成21年4月 己丑暦

平成21年4月  卯 月  (April 2009)日六曜行事・歳事/諸節・雑象平成21年..1日(水)2日(木)3日(金)4日(土)5日(日)6日(月)7日(火)8日(水)9日(木)10日(金)11日(土)12日(日)13日(月)14日(火)15日(水)16日(木)17日(金)18日(土)19日(日)20日(月)21日(火)22日(水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつか咲かなくなる?~ソメイヨシノ~

今春の桜開花は、記録的な暖冬と3月に入ってからの初夏並みの高温が重なって、西日本から東日本の各地で当初の予想より早まり、21日には東京でも開花宣言となりました。  そんな最中、将来ソメイヨシノは咲かなくなるかも知れないという報道を何度も耳にするようになりました。その原因となるのは温暖化や都市のヒートアイランドなどによる高温化にあると言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成21年3月 己丑暦

平成21年3月  弥 生  (March 2009)日六曜行事・歳事/諸節・雑象平成21年..1日(日)2日(月)3日(火)4日(水)5日(木)6日(金)7日(土)8日(日)9日(月)10日(火)11日(水)12日(木)13日(金)14日(土)15日(日)16日(月)17日(火)18日(水)19日(木)20日(金)21日(土)22日(日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今春の飛散例年並み?~花粉情報~

今や国民病とも言われる花粉症、昨年暮れ頃から今年の花粉飛散について各情報機関から、また最近は環境省から最終予想の報道があり、今春も警告・注意を発信しているようです。  それによると今春の飛散量は西高北低で関東付近はその境界にあって例年並み、東部で昨年並かやや少なく、西部で1.5倍程度とやや多く、飛散時期は例年並みの2月中頃で昨年より1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平年並みには要注意!~5月天気変化~

今年の春、とりわけ先月(5月)は穏やかな春の日差しと思いきや真夏並みの暑さに変り、次の週には一転して真冬並みの寒気に震えるといった冬春夏が同居したような天気を繰り返した。長期予報で頻繁に使われる平年並みという言葉から受ける感覚とやや食い違ったようなニュアンスを感じる今日この頃です。(下図は気象庁「気象統計情報」参照)ここで気象庁でいう平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前兆現象は役立つか?~地震予知~

先日5月12日午後2時半頃、中国四川省ぶん川県を震源とする大地震が発生した。全長数百Kmに及ぶ逆断層ずれによるといわれその規模はマグニチュード(M)8.0,深さは(D)10Kmということで、関東大震災(1923.9.1,12時頃、M7.9、死・不明 10万5千余)に匹敵する大地震で、このとき東京では火災旋風などで被害が拡大しているが、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成20年5月 戊子暦

平成20年5月  皐 月  (May 2008)日六曜行事・歳事/諸節・雑象1日(木)2日(金)3日(土)4日(日)5日(月)6日(火)7日(水)8日(木)9日(金)10日(土)11日(日)12日(月)13日(火)14日(水)15日(木)16日(金)17日(土)18日(日)19日(月)20日(火)21日(水)22日(木)23日(金)24…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の飛来小休止か?~黄砂情報~

4月上旬頃はお花見シーズンたけなわですが、また黄砂飛来シーズンでもあります。6年前(2002年)のこの頃お隣の中国、朝鮮では大量の黄砂が襲来して大変なことが起きていました。韓国では定量的な黄砂観測が行われており、この時には黄砂警報が出され学校休校、航空便運休などあり、日本でも全国的に黄砂が観測され、西日本中心に視程障害により航空便運行に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成20年4月 戊子暦

平成20年4月  卯 月  (April 2008)日六曜行事・歳事/諸節・雑象1日(火)2日(水)3日(木)4日(金)5日(土)6日(日)7日(月)8日(火)9日(水)10日(木)11日(金)12日(土)13日(日)14日(月)15日(火)16日(水)17日(木)18日(金)19日(土)20日(日)21日(月)22日(火)23日(水)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疾風型飛散か!~花粉情報~その2~

先日3月21日、関東沿岸部ではその前12日に観測された飛散量を上回る大量の花粉飛散がより長い時間観測されました。今回は前回同様に未明からその濃度は上昇しているが、東京湾東部沿岸部では終日4m/s前後の北寄りの風が卓越していた。前回は北東系の風でやや弱く変動があり、昼前には高濃度の状況は解消にむかっていたが、今回は午後2時頃まで高濃度が継…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燻し型発生か! ~花粉情報~

昨日3月12日、関東地方では沿岸部を中心に広域に亘ってこれまでにあまり見られない大量の花粉飛散が長時間観測されました。昨年までは東京湾沿岸部では北西風や南西風などの風系で昼間に多くの飛散が観測される傾向がありましたが、今年の高飛散時の気象条件はこれとはかなり異なった状況が出現している。  その特徴は北東系の風での飛散が多く、しかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成20年3月 戊子暦

平成20年3月  弥 生  (March 2008)日六曜行事・歳事/諸節・雑象1日(土)2日(日)3日(月)4日(火)5日(水)6日(木)7日(金)8日(土)9日(日)10日(月)11日(火)12日(水)13日(木)14日(金)15日(土)16日(日)17日(月)18日(火)19日(水)20日(木)21日(金)22日(土)23日(日)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東は平年並み? ~梅雨入り~

沖縄気象台は5月16日沖縄地方が梅雨入りしたとみられるとの発表があった。昨年より2日、平年(5月8日)より8日遅いことになる。関東甲信地方の梅雨入り平年日は6月8日だからこれと丁度1ヶ月の違いがある。これまでの統計によると異常な例外(1963年)を除けば沖縄の梅雨入りは関東地方よりも早く、梅雨前線が南から北上するかのようにみえるし、事実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成19年5月 亥暦

5月 生活情報  前半は短い周期で天気が変わる傾向があり、連休の頃、概ね暖かく晴天で行楽日和となるものの、例年春山などでは雪崩、突風、雷雨、磯では大波等でレジャーには危険がともなうこともあり、特に発達する低気圧の通過時はメイストームとなって大荒れとなることがあります。これからはラニーニャ現象の出現により平年より気温が高い傾向が予想され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉高大桜満開 ~ヤマザクラ~

 関東地方ではソメイヨシノが満開を迎え、外出をすれば道路の並木や公園に、また庭先などいたるところ満開の桜を目にする今日この頃ですが、そんな中これらの桜が散り始める頃、満開を迎える桜があります。それは農家の畑にある一本桜のヤマザクラです。その中で千葉の印旛村にある吉高のヤマザクラの大きさは見事です。これを遠くで見ると一本の木でありながらあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成19年4月 亥暦

4月 生活情報  天気は短い周期で変化し、穏やかな日があるかと思うと急に突風が吹く日もある。お花見の頃、花曇り、早春寒波(6日は寒の戻り特異日)、花あらしが等があり、晴れても空はかすみ、変わりやすい空模様が続く一方、菜種前線が現れ春雨が続くこともあります。春かすみは黄砂によって起きることがあり、東日本にも拡がることがあります。前半雪国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昼夜間が同じ・・・~春分の日~

 春分の日は太陽が真東から昇り、真西に沈んで、昼と夜の長さが等しくなります。実際には昼の方が夜より17分前後長くなりますが、これは秋分の日も同様で北海道から九州までともに同じとなっています。 一日の昼の長さ(日の出~日の入)は春分の日を境に次第に長くなり、6月(夏至)には東京で夜より5時間8分長く、福岡ではこれより22分短いが、関東より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウグイス来訪 ~ホーホケキョ♪~

 3月18日早朝澄み切った青空の下、まだ静かな我が家の庭周辺にウグイスの鳴き声が響き渡った。昨年は25日だったので1週間ほど早い来訪です。数箇所でホホホケキョ(吃り?)~ホーホケキョ(正常)~ホケキョ(省略?)~ケキョケキョ~と抑揚をつけながら数分間繰り返し飛び去っていった。  例年と違い今年は数日連続して毎朝このさえずりを聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくら開花予想 ~ソメイヨシノ~

 今日3月7日気象庁から全国のさくら予想開花日が発表された。それによると今年は暖冬の影響で例年よりもやや早まり東京では3月18日と予想されている。因みに東京の昨年の開花日は3月21日で、平年の開花日は3月28日、最近10年間の観測記録で最も早い開花日は3月16日(2002年)となっています。すでに一般に知られているように桜の開花は冬季間…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

平成19年3月 亥暦

3月 生活情報  暖冬の原因ともなっているエルニーニョ現象は2月には終息し、3月は従来通りの三寒四温の天候が戻ってきそうです。この頃の天気は周期的な変化をする傾向があり、日増しに日差しの強さ、日脚の伸びが実感できる時期です。移動性高気圧が帯状にのびて晴天が数日続くことがあり、夜間早朝に冷え込んで遅霜となることがあります。また発達した低…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ春なのに・・・~真夏日~

  5月1日関東地方に乾いた暑い風が吹き、多くの地点で真夏日となり、小田原では日最高気温が29.7℃で僅かだが5月の観測記録を更新した。これは太平洋高気圧から南西寄りの風が北日本から南方に延びる前線に向かって吹き込んだためで、内陸地方中心に30℃を超えた。主な観測地点の結果は以下の通り。 真夏日(2006.5.1)の日最高気温起時の状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成18年5月 詳暦

5月 生活情報  前半は周期的に天気が変わりやすく、連休の頃、春山では雪崩、磯では大波ありでレジャーには危険がともなうこともある。後半は晴天が続くことがあり、この時は快適な気候ですが紫外線量が多くなるので要注意です。また発達した低気圧が日本近海を北上する時はメイストームとなって大荒れとなることがある。北国では引き続き霜害、大火、山火事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな春みつけた ~花情報~

 梅、桜、菜の花、チューリップ・・・・と彩り華やかな花々が次々と咲き続く今頃、小さな庭でいつも咲き始める花がある。それは細い枝に紅紫色の小さな蝶形の小花が群がったように咲くハナズオウと露場に延びた花茎に白い小さな釣鐘を並べて吊るしたような花冠のスノーフレークです。  ハナズオウ(花蘇芳)  中国名:紫荊  分類:マメ科、落葉低…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

降雨後要注意! ~花粉情報~

 関東地方にスギ花粉が飛散するようになってからひと月以上になり、4月に入ってヒノキ花粉も増える時期になってきた。今年は昨年より飛散量は少ないと言われているが、気象条件によってはかなり飛散数の高い日が発生している。そこで千葉県船橋地点における花粉高飛散発生日(140個/m3以上の発生日)の気象条件を検討してみた。 花粉高飛散発生日時と気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花見びより ~花曇り~

 お花見どき、開花から満開まで約一週間の天気は気になるところ。やはり穏やかで暖かい天気であってほしいと思う。しかしこの時期は春かすみ、花冷え、花あらしと有難くない天気が多いのも事実である。数日ごとに変わるとすると望ましい天気は僅か数日ということになる。そこで天気図型で望ましい型はどれか検討してみた。やはり高気圧に覆われた場合は晴れて、気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春のあらし

春一番   暖かい春を呼び込む風とも言われるが、これは「立春から春分までの期間、日本海で低気圧が発達して南寄りの強風(8m/s以上)が吹き、気温が上昇する現象」と定義されている。この強風は台風と違い日本付近で急激に発達し、その変化が速いため思わぬ被害をもたらすことがある。数回発生することもあるが、起きない年もある。  被害の記録ではこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more