テーマ:

絹雲は生きている ~巻雲~

ベール状の巻雲 夏の代表的な雲形といえば積雲や巻雲ですが、今年の夏はもくもくと上空に延びる積乱雲や黒っぽい険悪な乱層雲などの雷雲に覆われることが多かったように思います。  夏から秋への過渡期には全天迫力のある「うろこぐも」や「ひつじぐも」などの高積雲が、また「すじぐも」や「うすぐも」ともいわれる巻(層)雲の場合は青空に刷毛で描いたよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の空景色 ~うろこ雲~

夕暮れのうろこ雲  秋の澄んだ青空一面に拡がるうろこ雲はいつも印象的な景観を見せてくれる。特に、夕陽の茜色に染まったうろこ雲の光景は幻想的でさえあり、絵画や詩歌にも題材となることがある。  気象学ではこの種の雲は高積雲で中層雲に分類される。よく現れる高度は季節によっても変化があるが、温帯地方では2~7Kmとされており、低緯度ほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more