テーマ:5月

漸く沈静化!~新型インフルエンザ~

4月から感染が拡大してきた新型インフルエンザ(A/H1N1)は、ここにきて日本では沈静化しつつありますが、北米や南半球の豪州、チリーなどまだ急増中のところがあります。  現在流行しているのは比較的症状が軽い弱毒性と言われているが、過去の事例では世界で4000万人以上が死亡したとされるスペインかぜ(H1N1亜型)のように同種ウイルスが強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成21年5月 己丑暦

平成21年5月  皐 月  (May 2009)日六曜行事・歳事/諸節・雑象平成21年..1日(金)2日(土)3日(日)4日(月)5日(火)6日(水)7日(木)8日(金)9日(土)10日(日)11日(月)12日(火)13日(水)14日(木)15日(金)16日(土)17日(日)18日(月)19日(火)20日(水)21日(木)22日(金)2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平年並みには要注意!~5月天気変化~

今年の春、とりわけ先月(5月)は穏やかな春の日差しと思いきや真夏並みの暑さに変り、次の週には一転して真冬並みの寒気に震えるといった冬春夏が同居したような天気を繰り返した。長期予報で頻繁に使われる平年並みという言葉から受ける感覚とやや食い違ったようなニュアンスを感じる今日この頃です。(下図は気象庁「気象統計情報」参照)ここで気象庁でいう平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成20年5月 戊子暦

平成20年5月  皐 月  (May 2008)日六曜行事・歳事/諸節・雑象1日(木)2日(金)3日(土)4日(日)5日(月)6日(火)7日(水)8日(木)9日(金)10日(土)11日(日)12日(月)13日(火)14日(水)15日(木)16日(金)17日(土)18日(日)19日(月)20日(火)21日(水)22日(木)23日(金)24…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東は平年並み? ~梅雨入り~

沖縄気象台は5月16日沖縄地方が梅雨入りしたとみられるとの発表があった。昨年より2日、平年(5月8日)より8日遅いことになる。関東甲信地方の梅雨入り平年日は6月8日だからこれと丁度1ヶ月の違いがある。これまでの統計によると異常な例外(1963年)を除けば沖縄の梅雨入りは関東地方よりも早く、梅雨前線が南から北上するかのようにみえるし、事実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成19年5月 亥暦

5月 生活情報  前半は短い周期で天気が変わる傾向があり、連休の頃、概ね暖かく晴天で行楽日和となるものの、例年春山などでは雪崩、突風、雷雨、磯では大波等でレジャーには危険がともなうこともあり、特に発達する低気圧の通過時はメイストームとなって大荒れとなることがあります。これからはラニーニャ現象の出現により平年より気温が高い傾向が予想され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ春なのに・・・~真夏日~

  5月1日関東地方に乾いた暑い風が吹き、多くの地点で真夏日となり、小田原では日最高気温が29.7℃で僅かだが5月の観測記録を更新した。これは太平洋高気圧から南西寄りの風が北日本から南方に延びる前線に向かって吹き込んだためで、内陸地方中心に30℃を超えた。主な観測地点の結果は以下の通り。 真夏日(2006.5.1)の日最高気温起時の状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成18年5月 詳暦

5月 生活情報  前半は周期的に天気が変わりやすく、連休の頃、春山では雪崩、磯では大波ありでレジャーには危険がともなうこともある。後半は晴天が続くことがあり、この時は快適な気候ですが紫外線量が多くなるので要注意です。また発達した低気圧が日本近海を北上する時はメイストームとなって大荒れとなることがある。北国では引き続き霜害、大火、山火事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more